管理人:夜月(よつき)


by yotuki009900
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2011年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

アニメ的な話

台風6号さんが近づき、雨で外出が厳しいですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
さてさて、日常の新OPも何度もリピートしてくうちに慣れてきた今日この頃。
三連休は、自転車でお出かけしたり世界樹を進めたりと割と自堕落な生活を送り過ごしていました。
世界樹の方は、とりあえず、既存のPTで第六階層を制覇してみようと進めております。
第六階層制覇、三竜、エルダー、クエスト、航海クエスト。
少なくともこれぐらいはクリアしてから2周目に参ろうかと。

さて、三連休は新しく始まったアニメの1、2話を見ていました。
所々の感想を。

うさぎドロップ
 今期で一番期待していた作品なのですが。
 何と言いますか、全体的に残念な作りに。
 原作では、ダイキチの心理描写がスゴイ面白いんですよね。
 そこら辺がスッポリと抜け落ちていて。
 例えば、二話目で革靴やめたりショルダーバックになったり。
 言わないことを見せることで表現しているのか。
 この話の魅力はダイキチが子育てをする上での葛藤というか、
 そういうのがメインだと思っていたので少し残念です。
 OP/EDは良いと思います。

No,6
 1話目で結構引き込まれた。原作「あさのあつこ」先生なのね。
 2話目がなんかとって取り逃したので、ショック。
 
夏目友人帳 3期
 1話目を視聴。
 相変わらずのにゃんこ先生っぷりが癒されるわ。
 ホント、上手くアニメ化した作品だと思う。
 OP/EDはOPは2期が神がかってた。EDは1期が好きだったな。
 
異国迷路のクロワーゼ
 個人的には、面白いと思うだがいまいちインパクトに欠ける。
 原作は完結しているのだろか?
 ラストがどうなるかで印象が変わるだろうなぁ。
 結局、湯音があまり活躍していないところが問題か。
 
ゆるゆり
 ごらく部ということで、日常系なんだろうなぁ。
 ん~名の通り、ゆりとして中途半端。
 キャラクターも2話にして次々と出てくる割にいいキャラいない。
 関西弁の娘が妄想するのはインパクトあったけど。
 結局、盛り上がりがないんだよね。
 OPは好きだよ。
[PR]
by yotuki009900 | 2011-07-19 12:57 | | Comments(2)
■お金がない
冬「金がねぇ!!」
秋「唐突に!?」
冬「どう考えても、カツカツだぞ」
春「でも、足りないということはないのであれば
  大丈夫なんじゃないでしょうか?」
冬「いいか、ハル。
  金で全てとは言わんが、
  世の中、金で解決することの方が多い」
夏「金がないと上手いもん食えないもんな」
冬「そうそう。
  って、違うわっ!」
秋「でも、春菜さんの言うとおり、マイナスでないなら
  特に気にしなくてもいい気がしますが…」
冬「効率が悪い」
秋「効率?」
冬「金があれば装備が買えるし、アイテムも買えるだろ?」
春「そうですね」
冬「装備が揃えば強い敵も倒せる。
  アイテムがあれば多少無茶できる」
秋「そうすれば、効率が上がる、と
  でも、この状況どうやって打破するんですか?
  それができないからこその現状でしょう?」
冬「わかってるよっ!
  だから、今から考える。
  アキ、それの翻訳はできてるよな?」
秋「ルールブックですか?当然です。
  どの国、どの時代であってもそれが文字であれば
  解読してみせます」
冬「上等。
  考えるから付き合えよ」

春「あはは。
  ああなったら当分は戻ってこないですから。
  月夜さん、街の方へ行きませんか」
月「はぁ」
夏「メシでも食いに行くか~」
春「そうですね。何か買出しでも」
月「なんて言うか。
  皆さん、別の世界からこの世界に来たというのに
  ずいぶん落ち着いていますねぇ」
春「ああ、まぁそうですねぇ。
  でも、結構なれてますから。こういうの」
月「そうなんですか…」
春「それに、四人そろってますからね」
月「……」


■お金を貯めよう
冬「つーわけで『ファーマー』を5人雇うことにした」
春「『ファーマー』さんですか?」
冬「『安全歩行』を使えば、無戦闘で採取ポイントまでいける」
秋「『収穫マスター』、『二毛作』を使えばかなり効率よいですしね。
  コレが最善かと」
月「はぁ、なるほど。
  よくそういう事思いつきますね」
冬「まぁな(ニヤッ」
[PR]
by yotuki009900 | 2011-07-18 20:20 |  世界樹の迷宮3 | Comments(0)
第五階層のボス【不死たる機械の王】を撃破!
Lv60~66ぐらい

こちらもレベル上げすぎたか余裕でした。
『レヴィアタン』のほうが強いです。流石です。

とりあえず、コレにてストーリーは終わり。
以後は裏ダンみたいな扱い。
まぁ、このゲーム、ストーリーをクリアしても全体の3~4割程度しか攻略できてないんですけどね。

ここから自分としては選べる選択肢が2つ。
このままこのPTで最後まで進めて、強くてニューゲームか。
ここで強くてニューゲームして、新しい面々に登場してもらうか。

クエストも残ってるし、三竜、エルダーもいるし・・・。悩みどころ。

攻略時のスキル構成
[PR]
by yotuki009900 | 2011-07-17 10:43 |  世界樹の迷宮3 | Comments(0)
第五階層目はなんとも攻略に手間取りました。

ちなみに、『神罰をもたらす者』はキャラクターを以下のように配置してショックガード、メテオで余裕です。

前衛:ハルナ(ショーグン/パイレーツ)、ナツミ(シノビ/ゾディアック)
後衛:アキエ(ソディアック/シノビ)、フユカ(ファランクス/プリンセス)、ツキヨ(モンク/ファランクス)

速攻で倒したい場合は

前衛:ハルナ(ショーグン/パイレーツ)、ナツミ(シノビ/ゾディアック)、フユカ(ファランクス/プリンセス)
後衛:アキエ(ソディアック/シノビ)、ツキヨ(モンク/ファランクス)

でアキエ分身メテオ×2で楽勝です。


そういえば、第五階層を攻略中にリミットスキル『幸運のハンマー』(全アイテムドロップ確定スキル)が欲しくて航海クエストを進めたんだよなぁ。

ただし、リミット得るために倒さないといけないボスが凶悪で。
『レヴィアタン』とかいう可愛い名前の癖に、スゲー強かった。
なんかこー1000ダメージ超えの業を使ってくるし。オーバーキルもいいとこ。
前半は何とか耐えれるのだが、腐敗にされるし、命中率下げられるし。
5回ぐらい戦って、このままでは勝てないなと。戦略を練ることに。

氷が弱点なので、アキエに絶対零度。ハルナ、ナツミ、ツキヨに介護陣形のリミットをつけ。
介護陣形で腐敗を回復しつつ少しでも回復を行う。
んで、アキエには分身してもらって絶対零度を。
途中は氷の魔法で攻撃するもほとんどミス。

絶対零度を3回ぐらい発動させてようやく撃破。
これでレアドロップうまうまです。
[PR]
by yotuki009900 | 2011-07-17 03:37 |  世界樹の迷宮3 | Comments(0)

世間では

爆死しまくってるらしい『日常』ですが。
個人的には好きだったりしますよ?
b0044420_0361858.jpg

『日常』より、阪本さん。
チョーむずかった。

「阪本「さん」やろ?」が好き。
後、我を忘れて「ヤッベー、楽しー!!!」とかやるところ。

あ、でも、二期のOP/EDともにダメだ。何がどうとか分からないけど、なんかダメだ。
一期は好きだったんだけどなぁ・・・。
[PR]
by yotuki009900 | 2011-07-12 00:39 |  ちび絵 | Comments(2)
9巻が最終巻ということを購入時に知った。
個人的には満足と言える内容であるのは間違いないが、「ああ、着地点はココなのね」という感じは否めない。後、ラストの怒涛の展開がなんとも駆け足だった気がします。
せっかくアニメも始まったばかりというのに、このタイミングでの完結はもったいないなぁ。
番外編?みたいなものが少々続いているらしいので、この世界をもう少し楽しめそうだが。
蛇足にならない程度の広がりになっていればいいなぁと。

それしにても、ダイキチのカッコよさの上に成り立ってる漫画だったなぁ。と改めて思います。
特に9巻で明らかになった事実に対してはただただ驚くばかり。
こういうことだと、今までのダイキチの発言や行動も、心構え全ての意味合いが変わってくるわけで。近いうちにもう一度読み返してみよう。
子供育てたことないけど、ホント子供を育てるつーのは命がけだよ。
ダイキチのような男になりたいっすね。
虐待とか育児放棄とかダメだよな。ホント。

アニメ放送も始まって、一話観ましたが細部で少々異なる表現をしていますね。
おそらく幼少期編が終わるまでがアニメの範囲だと思います。
振り返ると、やっぱり幼少期が好きだったな。
突然親になるダイキチの親としての在り方に苦悩する様とか。
綺麗にまとまっていたと思います。

うさぎドロップ 9 (Feelコミックス)

宇仁田ゆみ / 祥伝社


[PR]
by yotuki009900 | 2011-07-11 12:27 | このマンガが面白かった! | Comments(0)
第五階層は和風な雰囲気の迷宮。
どうも迷宮探索に手間取り気味。

この階層からハルナ(ショーグン/パイレーツ)を前線に上げ、刀装備。
b0044420_1839319.jpg

たまに死んじゃうこともあるけど、なんともよいはしゃぎ様である。
やっと目指していた陣形にもなり、F.O.E戦では分身してメテオ2連発とかホボチートだろ。
という感じで戦っております。

このゲームに対してのモチベーションは下がってはいないのですが、夏バテ気味なのか、なんか色々とやる気がしません。
なんかつまんねーなぁー。って感じです。
録り貯めたアニメを消費したり、一日寝たりとかで休日を消費。
もったいないなぁ。と思うのですが、やる気がおきん!
[PR]
by yotuki009900 | 2011-07-10 18:41 |  世界樹の迷宮3 | Comments(0)
春「で、結局どうやったら帰れるんでしょうか?」
冬「まだ、はっきりしねーな。
  あのばーさんの言う事から推測すると、この町にはダンジョンがあって
  冒険者がその迷宮を探索してるみたいだけど」
春「まずはそこで試験を受けろ。って言ってましたね」
冬「復活した魔王を倒せ!とかなら分かりやすかったんだけどな」
春「そうなんですか?」
冬「だって、そいつぶっ殺せば終わりだろ」


■マップを描こう その1
冬「つまり、このフロアのマップを作成するのが試験ってわけか…」
秋「この地図ですけど。
  自分が歩いた場所が青くなるみたいですね。
  どういう仕組みなのかしら」
冬「なぁ、ツキヨ。こういうのって、ちゃんと描かれた地図が
  どっかで売ってたりしないのか?
  あたしたちの他にも何組もこの迷宮に挑戦してるわけだろ?」
月「ん~。
  迷宮の地図はギルドの宝ですから。
  おいそれと人に教えたりはしませんよ」
冬「そっか、だったらしょうがないな」
春「大変そうですけど、頑張りましょう!」
冬「へいへい。
  まずは、歩いてマスを埋めて、壁を手書きしていくわけか。
  階段とか扉があったらそれも描き込んでいくか」
春「何かあったら余白にメモしていきますね」
夏「なぁなぁ。
  ココから通れるんじゃないかな?」
冬「どれどれ?確かに通れそうだな。
  でも、向こうがどうなってるか?だぜ。
  最初は道なりに進んで、他に行ける場所がなかったら、
  ココを進んでみようぜ」


■マップを描こう その2
夏「ガサゴソ。ぷはー」
秋「で、結局ココに繋がっているわけなのね」
春「疲れたけど、これからはこの通路を使えば楽になりますね♪」
冬「そーだな。ナツ、これからもこういう道があったら教えてくれ
  始めて歩くフロアはこの通路を目指して進んでいくと帰りが楽だ」
夏「りょーかいっ」
冬「これで、あらかたマップ埋めたんじゃないか?」
月「あっ、でもそーいえばこのあたり、大きな空間がありますね」
秋「あら、ホントですわ」
冬「どれどれ?ん~…確かにな。
  このあたりにも隠し通路あるかもしれないし探してみるか」

夏「ココっぽいぞっ!」
春「あっ、ホントですね。通れそうです」
冬「よし、下がってろ。蹴り飛ばす!

 ズカッ!

秋「乱暴ですね…(ハァ」
冬「お、アイテムがあるな!」
春「ホントです」
月「こういう場所にはアイテムが隠されてるみたいですね」


■F.O.Eと戦う その1
冬「おい、見てみろ。なんかデッカイ亀がいるぞ!
  あいつを倒せば、いい素材が手に入るんじゃないか?」
夏「おー、やるかー」
冬「よし!かかれ!」

 ズカッ、バキッ、ドコッ!!

冬「って、おいおい(汗
  どう考えても、このフロアにいるような敵じゃないだろ!?」
秋「同感です」
春「きゅ~」
月「ハルナさんこれを飲んで下さい」
夏「あはは、ありゃー勝てねーな」
冬「でも、通路塞いでるぜ?
  倒さなきゃ通れないし…」
秋「いや、ちょっと待って下さいね。
  ……どうにかなるかも」

春「は~、緊張しました」
冬「なるほど、相手の後ろについて歩けば気づかれないのか」
秋「おそらく。戦う必要のない敵なんじゃないでしょうか」
冬「でも、いつか倒してやるよ」
夏「負けっぱなしはしょーにあわないからなー」
冬「当然」
夏「いしし」
春「(あいかわらずだなぁ~)」
[PR]
by yotuki009900 | 2011-07-10 17:28 |  世界樹の迷宮3 | Comments(4)

忘れていたわけではなく

単にサボっただけなのだ。
週1ですら守れないのかいっ!
b0044420_1454477.jpg

描きたいものはいろいろあるんだけど。
もう少しやる気を出すのと、筆が速くなりたいですね。

ただ、机と椅子を買ったことによって、かなり頑張れるようになったんですけどね
なんていうか、コタツだと。疲れたらゴロンッと寝たりしてたし。
今は家に帰ってもほとんど椅子に座ってますね。
ゲームする時、アニメ見るときも椅子。

部屋の掃除も落ち着いてから進んでいないので、土日にまた少し何か整理しようと思います。
部屋を綺麗な状態に保っていると家に帰って来たときに気持ちいいし、体調にも良い気がします。

そういえば、最近はハルにゃんやアッキーを描くときに、頬とか腕とかをちょっとぷにっとした感じになるように意識して描いていています。
なんとも柔らかそうで、抱き心地が良さそうな感じしませんかね?w
ちょっとは女子高生らしい子供っぽさが出てくるようになったかな。
かあいいかあいい。
[PR]
by yotuki009900 | 2011-07-07 01:50 |   冬花、工房で働く!の巻 | Comments(0)
あの「ハックス!」の今井 哲也先生の最新作がよーやく発表されました。
なぜか、近所の書店。および、よく行く遅くまでやってる書店には置いておらず、購入するのに一苦労した…。
結局、職場近くの少し大きな書店で購入しましたよ。

なんとも、夏全開な漫画です。
今回の主人公は小学4年生の男子。
前作の「ハックス!」では女子高生でしたから、少し作品の雰囲気も違います。
個人的には、「ハックス!」が好みかもしれません。
やっぱり可愛い女の子が出てくる方が好きですからw

近未来の話なので世界観がかなり凝縮されています。
それを読んでいくとかなりの情報量で漫画にしては読むのが大変。

でも、なんというか、小学生の夏休みって今思い返すと、ひどく贅沢な時間でしたね。

ぼくらのよあけ(1) (アフタヌーンKC)

今井 哲也 / 講談社


[PR]
by yotuki009900 | 2011-07-05 13:00 | このマンガが面白かった! | Comments(0)